ロケットストーブと薪ストーブの違い③

またまた、続きです(^-^)
わかりやすく言うと、
二重煙突は対症療法になります。
煙突に温度が逃げないように
排煙温度が低かったら、
二重煙突は必要ありません。

やっとここでかぐつち
ロケットストーブの説明をしましょう。

ロケットストーブは、
焚き口の後ろにあるヒートライザーと
言われる部分で強制的に
ドラフト効果を生みます。
焚き口の後ろにある
ヒートライザーが熱交換処理を
兼ねた煙突の代わりを行っています。
強制的にドラフト効果を
生ませているため、煙突の
横引きが可能になりました。
そのために煙突を屋根抜きにする
必要もなく、排煙温度も120度に
満たないため二重煙突の
必要性もなくなりました。
高価な部材を必要としなく
また屋根抜きにしないため
施工費用が安く済みます。
また、ヒートライザー部分で
熱の交換ができ部屋の中に
温度が残りますので、約90%ほど
家の中が暖かくなる効果が
あると言われています。

かぐつちに限らず、自作で
ロケットストーブを
つけられてる方もいらっしゃいます。
しっかりと知識を身に付け
ご自分で作ってみるのも
面白いかもしれませんね。

薪ストーブ購入の際には、
いろんな薪ストーブを見て
触って納得して
購入してくださいね。