ロケットストーブと薪ストーブの違い②

昨日の続きです。

そうなると、いろんな条件が
生まれます。
まずは、煙突を屋根抜きに
しなければなりません。
とは言っても、屋根抜きにせず
一旦煙突を薪ストーブ本体から
上に上げ90度を曲げた後に
壁に出して施行する場合もあります。
ここまでは良いでしょう。
そうなると当然施工費は
高くなります。
続いて薪ストーブの上部から
煙突を上げると言う事は
薪ストーブで使った温度が
煙突内部に流れるため
非常に高い温度が
煙突に逃げて行きます。
高い温度が煙突に入ると言う事は
煙突が非常に熱くなるため
二重煙突が必要になります。
二重煙突は断熱構造となっており
非常に高価です。

ここで、少し疑問に
思わなくてはなりません。
煙突に高い温度の熱が
流れるから二重煙突?
煙突の先は屋外です。

一説によると往来の
薪ストーブは75%ほどしか
部屋の中に温度が残せないそうです。
25%は暖かい空気が
外に逃げていると言うことです。

この話すると長いですね…
また明日書きます。お待ちを!