薪の使用について

かぐつちで使用する薪は針葉樹、広葉樹、廃材、竹なんでも燃やすことが出来ます。

ただ何でも燃やせるといっても、未乾燥の薪は駄目ですよ~~。ここ注意点です♪
燃やせないことはないのですが、熾が多くなってきたら燃やすこともできます。
ただやはり、乾燥した薪を使用したほうが、安全ですし煙もでないですね。
乾燥してない薪は水分が蒸発しながら燃え、煙も出ますし、
いや~~な匂いがします!
販売者なので、いろいろ試してみますが、あの匂いは嫌ですね・・・・

特に焚きつけの時は、しっかりと乾燥した薪を使用して下さい。
焚きつけがうまくいきませんし、煙がすごい出ます。
薪ストーブの所有者様ならわかると思うのですが
焚き付けがうまくいかないと、なんか嫌になってきますよね?

焚き付けがうまくいかないのは、原因がしっかりあるんです。

もし乾燥した薪が定期的に手に入らないのなら、かぐつちの足元に
薪を置き強制的に乾燥させてみるのもひとつの方法ですね♪
ただ、火が近いので気をつけてくださいね♪