ロケットストーブと薪ストーブの違いについて

そもそも、ロケットストーブと薪ストーブって何が違うの?

って・・・・疑問に思ったことありますよね?

大きな違いは燃焼方法が違います

一般的な薪ストーブは、煙突でドラフト効果をつくり、炉内の空気を
煙突に引っ張りあげて燃焼させます。
ってことは、温度が少なからず煙突に逃げているのですね。

ロケットストーブは、かぐつちで言うと後ろの長方形の物(ヒートライザーという)で
強力に空気を引き込ませ燃焼させます。ここでドラフトを強制的に作っているんですね

ヒートライザーは屋内に設置ですので、熱交換を屋内においてあげることになります。
これが、かぐつちが他の薪ストーブに比べ家の中が暖かくなる理由となります。

ヒートライザーで熱の交換を行わせているため、かぐつちの煙突は手で軽くなら触れることが出来るんです。
てことは、煙突に温度が逃げていないってことですね。

普通の薪ストーブが駄目って言ってるわけではないのですが、
かぐつちは部屋を暖めるのに効率がいいというお話ですね。

百聞は一見にしかず!是非見に来て感じてください♪