組み立て方法

注意事項 ※はじめにお読みください。

組み立て方法の動画 / 1.送付部品 / 2.組み立てに必要な工具 / 3.脚の取り付け方 / 4.設置 / 5.焚口とヒートライザーの接続 / 6.ヒートライザー内部煙突の取り付け / 7.バーントンネル内部煙突の取り付け / 8.耐熱レンガの取り付け方 / 9.オーブンの取り付け / 10.煙突の差し込み / 11.空気調整弁の調整

燃やし方・消し方の動画 / 燃やし方(焚き付け) / 消し方 / 薪割りの仕方

注意事項

(1) 薪は、山から切り出した自然木を良く乾燥させてご使用ください。乾燥が不十分ですと、煙、灰、ススなどが多く発生する原因になります。

(2) 地震等による転倒を防ぐために、必ずアンカーボルトまたは、太めのネジ釘などで脚と床とを固定してください。穴の直径は15mmです。

(3) 壁からは40cm以上あけて設置してください。また、壁には不燃材を用いてください。

(4) 小さなお子様がおられる場合や、犬・猫などのペットを飼われている場合は、ストーブに触れない様に囲いを設けて下さい。

(5) 洗濯物など、乾燥の為とは言え、スト-ブの上には何も吊るさないでください。ヒートライザー(後部)の天板は、最大400度ぐらいになります。

以上の5項目は、ぜひ、お守りください。ご家族の安全のためにも、よろしくお願いいたします。

煙突工事について

一般的には、煙突は高い程良いとされておりますが、【かぐつち二号】の場合は『火の粉が飛んだり、煙道火災を防ぐため』、排煙の温度が出来るだけ低くなるように設計しております。焚口や本体で、ほとんどの熱を放熱します。

かぐつち二号用の煙突の高さは、4mぐらい(煙突からの排煙温度が120度位になる程度)が適切な高さです。
それ以上高くしますと、トップの温度が下がり過ぎて木酢液が生成され、エントツ詰まりの原因になりますのでご注意ください。

組み立て方法の動画



1.送付部品

写真の部品が入っていますのでご確認をお願いいたします。

(奥左から)
 ヒートライザー内部煙突(交換可能部品)、ヒートライザー本体、ヒートライザー蓋、焚口、ヒートライザーの脚用ボルト・ナット×2組、焚口の脚用ナット×2組、耐火レンガ取り付け用ボルト×12本、オーブンの天板取り付け枠、バーントンネル内部煙突(交換可能部品)、オーブンの天板

(手前左から)
 脚(焚口用)×2本、脚(バーントンネル用)×2本、耐火レンガ取り付け枠×2、薪用自在棒×1本


2.組み立てに必要な工具

組み立てに必要な工具は、スパナ17mmとスパナ10mmのみ!
スパナの代わりにモンキーレンチでも構いません。
あとは、組み立てには必要ありませんが、スロットル(空気調節弁)の調整や脚を固定するアンカーボルト用にプラスドライバーあればOKです。
初めての方でも、30~40分程度で組み立てができます。

耐熱レンガは付属しませんので、事前にホームセンター等でご購入ください。1個200~300円程度で販売されています。サイズは、標準的な約23cm×11.4cm×6.5cmのレンガを左右各5個使用します。
オーブン部にもオーブンの代わりに耐熱レンガを4個付ける事ができます。

煙突工事は事前に済ませておいてください。外側は、縦に4m程度あればよく燃えます。


3.脚の取り付け方


横に寝かせて脚を取り付けます。
焚口用後部のヒートライザー用は同じ長さです。
焚口は、中から付属のボルトを差し込みます。

40cm以上の台の上に乗せると取り付け易いです。


4.設置

設置場所は壁から40cm以上あけてください。
設置場所への移動は竹馬で歩くように、片足を軸にして歩かせる形にすると簡単に移動ができます。

地震等による転倒を防ぐために、必ずアンカーボルトまたは、太めのネジ釘などで固定してください。
固定用穴の直径は15mm(4本)です。
何を使えば良いか判断できない場合は、お気軽にお問い合わせください。


5.焚口とヒートライザーの接続

後部のヒートライザーを少し後ろに傾け、前部の焚口を持ち上げて押し込みます。
一人で行う場合は、ヒートライザーを壁に立て掛けて行ってください。


6.ヒートライザー内部煙突の取り付け

ヒートライザー内部煙突の切り込みのある方を下・前向きにして、上から差し込みます。

燃焼部の要となるヒートライザーの内部煙突は、800度前後の高温に曝され劣化しますので、「かぐつち」では女性でも簡単に交換できる仕組みにしています。
(交換部品は別売です)

ヒートライザーに蓋を被せます。正方形ですので、どの向きでも構いません。


7.バーントンネル内部煙突の取り付け

焚口を開け、バーントンネル内部煙突を奥に差し込みます。
(どの向きでも構いません)

このバーントンネルの内部煙突も簡単に交換できます。
(交換部品は別売です)


8.耐熱レンガの取り付け方


耐熱レンガ用の枠を下部から先に取り付けます。ボルトを締め過ぎないように、ワッシャーは使用しません。その後レンガを入れますので、ボルトはゆるめに締めておきます。

耐熱レンガを入れた後、上部のボルトを締め、ゆるく閉めておいた下部のボルトも締めます。強く締め過ぎないようにしてください。

耐熱レンガ無しでの使用も可能ですが、耐熱レンガを取り付ける事により蓄熱暖房効果が得られ、ストーブを切っても部屋の暖かさが持続します。また、レンガに蓄熱させる事により、エントツからの排煙温度を低く抑え、エントツ火災の危険性を大きく防ぐ事ができます。


9.オーブンの取り付け

焚口の上にオーブン部の天板を乗せます。その上に天板固定枠を乗せ、ボルトで締めます。ワッシャーは使用しません。このボルトは、手で締まる程度で構いません。

オーブンとして使用する代わりに耐熱レンガ4個を据え付けることもできます。この場合は、天板を乗せる代わりに耐熱レンガを乗せます。


10.煙突の差し込み

最後にヒートライザー後部に煙突を差し込みます。


11.空気調整弁の調整

空気調整弁の位置や緩みは、蝶番の心棒をプラスドライバーで回して調節してください。
位置を固定し、ネジを強めに締めてください。



燃やし方・消し方の動画


燃やし方(焚き付け)


細い木切れなどを奥のバーントンネル内に入れ、バーナーで燃やします。マッチなどでは燃えにくいです。バーントンネル内で勢いよく燃やす事により、後部のヒートライザーに炎がまわり、乱気流を発生させます。
その後、薪を入れバーナーで燃やします。


焚口下のスロットル(空気調整弁)を開けます(上げます)。薪の移動もこのスロットルから行います。
炎が奥に吸い込まれていきます。

「かぐつち」は強力な燃焼力ですので、幅10cm~15cmの少し太い薪でも燃やすことができます。

燃やしはじめは、多少の煙がでますが、10分から30分すると、ほとんど煙は見えなくなります。

焚口内の薪の移動は、スロットル(空気調整弁)から付属の自在棒を差し込んで行えます。

初回燃焼時には、本体から塗装が蒸発した煙や匂いの出る場合がありますが、数時間も燃焼すると煙や匂いは無くなります。


消し方

消す場合は、スロットル(空気調整弁)を閉じます(下げます)。
約5分ぐらいで炎が消えますが、蓄熱暖房効果により、暖かさが持続します。



おまけ★薪割りの仕方

割った薪が飛び散らない様に、古タイヤを用意します。
タイヤは二段に重ねると良いでしょう。
タイヤの中に薪を隙間なく入れ、自分が回りながら割って行きましょう。



注意事項 ※はじめにお読みください。

組み立て方法の動画 / 1.送付部品 / 2.組み立てに必要な工具 / 3.脚の取り付け方 / 4.設置 / 5.焚口とヒートライザーの接続 / 6.ヒートライザー内部煙突の取り付け / 7.バーントンネル内部煙突の取り付け / 8.耐熱レンガの取り付け方 / 9.オーブンの取り付け / 10.煙突の差し込み / 11.空気調整弁の調整

燃やし方・消し方の動画 / 燃やし方(焚き付け) / 消し方 / 薪割りの仕方